のろいカメラ

対象をカメラで撮影するとそれを模した人形がカメラから出て来ます。

その人形はただの人形ではなく、
その人形に対してした事はどんな場所にあってもその対象にも現実になります。

メリット
・どれだけ遠くにいても操作ができる
・対象は人間でなくても良い
・対象に対しては何でも可能
(おそらく触覚に作用する以外の事も全て可能)
・使い方によっては完全犯罪が可能である

デメリット
・遠くから人形に対して何かをした場合、
現実にどのような事が起きているかその場では確認できない
posted by SaruyaMichael at 17:18 | TrackBack(0) | 攻撃系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。