テレビとりもち

先端に粘着質の「とりもち」がついている長い棒。

この棒はテレビなどの画面の中に入れる事ができ、
その時に画面に写っている対象を、
棒の先端の「とりもち」で触れるとくっつき、
その対象をテレビの外へ出す事ができます。

録画映像、生放送に関係なく、
その時にテレビ画面に写っているものであれば、
物でも人でも何でも取り出す事ができます。
(すなわち何でも手に入るという事)



メリット
・生放送、録画映像に関わらず使う事が可能
・画面に写っているものなら何でも手に入れる事ができる
(アニメなどは不可、実在するもの・過去に実在したものに限られる)

デメリット
・取り出す事ができるかどうかは自分の腕力と技術次第
・自分自身が画面の中に引き込まれてしまう事がある
(録画映像の場合、画面の中に閉じ込められてしまう)
・対象は画面の外に出さないと「とりもち」からは外れない
・画面よりも大きいものは取り出す事ができない
(画面を大きくすれば良い)
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 準最強・広範囲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392422354

この記事へのトラックバック