ポラロイドインスタントミニチュア製造カメラ

このカメラで撮った対象は、
ミニチュアの模型となってカメラから出てきます。
生き物や背景以外であればあらゆるものを模型化する事ができます。

ちなみに初期の頃は、
撮った写真にお湯をかけて3分待つという仕様でした。



メリット
・建物などの場合、中身もそのまま再現される
・絵や写真の中にある対象にも使う事ができる

デメリット
・生き物には使う事ができない
posted by SaruyaMichael at 12:00 | TrackBack(0) | 便利系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。