プラモ化カメラ

このカメラで撮影したものをプラモデルにする事ができます。
撮影後、カメラとコードで繋がれた製造機本体で大きさを指定、
瞬時にプラモデルが箱のキットとなって出てきます。

「オートアクションユニット」という、
球体をプラモデルに埋め込む事で、
本物のように自動的に動くようになります。



メリット
・何でもプラモデル化が可能
・大きさも調節する事ができる
・実際に可動するものも作る事ができる
(例えば家電、ロボット、カラクリ、自動車など)
・自動的に動くようにする事もできる
(例えば動物など)

デメリット
・組み立てる事ができなければ使う事ができない
(組み立てるのが難しいものは、
「瞬間プラモ組み立て機」などを利用して完成させる必要がある)
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 便利系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。