コンチュー丹

小さな粒状の薬。
これを飲むと1日で蝶のように幼虫から蛹になり、
朝起きると成虫になって強さが身につきます。

身につく強さは、
カブトムシの堅さ、蝶の飛行能力、蜂の毒針、蟻の怪力の4つの能力。

ただし飛行能力は羽がないため実際にはジャンプ力が上がるだけ、
蜂の毒針は打撃攻撃の鋭さ(スピードと威力)が増すだけです。



メリット
・成虫にさえなれば効果は永遠に続く
・姿は人間のままで変わらない

デメリット
・成虫化後、殺虫剤などで即死する可能性がある
・成虫化後、虫カゴや虫アミが異常に怖くなる
・薬を飲んだ後、天敵(蜘蛛、鳥、爬虫類など)が異常に怖くなる
・効果が出るまで1日かかる
・幼虫期には植物(野菜)しか食べる事ができなくなり、
虫のような行動を取る事がある
・成虫化後も食事内容が変わるかは不明
・その人が持っている身体能力によっても強さは変わる
posted by SaruyaMichael at 12:00 | TrackBack(0) | 攻撃系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。