コンピューターペンシル

後ろに六角形の機械がついた鉛筆。

この鉛筆を使うと、
どんなに難しい問題や書く量が多いものでも、
ペンに付いているコンピューターが解析し、
自動的にペンが動いて問題を解決してくれます。



メリット
・テストで満点を取る事ができる
・自分で「問い」を作ればすぐに答えを導き出す事ができる
(「これは何ですか?」と書き、この鉛筆にその問いの答えを探させるなど)
・普通のペンとしても使う事ができる

デメリット
・実際に頭が良くなった訳ではない
・おそらく解けない問題もある
・カンニングを疑われる可能性がある
・テスト会場では使えない可能性がある
(受験などでは机の上に置く事すらできない)
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 便利系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック