次元爆弾

この爆弾を爆発させると空間が歪み、
周囲のものを宇宙の彼方まで吹き飛ばす事ができます。 
 
 
周囲の空間が歪むという事は、
大きな質量(エネルギー)が伴っているという事です。
それについてちょっと長いですが書いてみます。



まず、質量があるものにはどんなものにも引力があり、
お互いに引き合う力が働きます。
エンピツと消しゴム同士でもお互いに引力が働いています。

エンピツと消しゴムがお互いにくっつこうとしないのは、
地球の引力の方が遥かに大きく、
質量が小さ過ぎてお互いに影響する引力が弱いからです。
質量は大きければ大きいほどお互いの引力は強くなります。

地球の中心には質量の重い核があり、
その影響でその中心に向かって強い引力が発生しています。
人間に限らず山も海も建物も、
全てが地球の中心に向かって引っ張られています。

何故地球の引力で人間が潰されないかというと、
地球に比べて人間の質量が小さ過ぎるせいで引力が弱いのと、
自転による遠心力によって外側へ引っ張られる事で、
本来の引力が弱められているからです。

地表に存在する人間が地球の引力で潰されず、
遠心力で地球の外へ吹き飛ばされたりしないのは、
そのように引力と遠心力が良い具合に釣り合っているからです。
それは人間より遥かに質量のある海や山なども同じです。

しかし重いものほどお互いに働く引力は強くなるので、
地面に向かって落下するスピードは重いほど速くなります。
それだけ地球に大きく引っ張られているからです。
地球上ではそれが「重さの違い」として現れています。

ただしそれも実際は地球の自転による遠心力で弱められています。
もし地球の引力だけなら人が目視できないようなスピードで、
地球の中心に向かって落ちていき、一瞬で潰れてしまうでしょう。
そのように引力と遠心力が影響したものを「重力」と言います。

例えばエベレストよりも高い山が地球上にないのは、
逆に質量が大き過ぎて重力によって潰れてしまうからです。
(遠心力で弱める事ができないほど質量が大きいため引力も強い)

実際に地球よりも重力が弱い火星(地球の重力の半分以下)では、
エベレストよりも遥かに高い山(標高2.5kmほど)が存在します。
それだけ惑星の発生させる重力は影響力があるものなんです。

惑星のように大きな質量があれば、
周りのものを引き寄せる引力が大きくなります。
地球も誕生初期は周囲のガスやチリを引き寄せていました。
現在では隕石や流れ星がその例ですね。

もちろん月にも引力はあり、
地球と月はお互いに引きつけ合っています。
海の満ち干きがあるのは月の引力が地表まで届いているからです。

更には木星と地球、火星と地球というように、
質量の大きい惑星同士でもお互いに引力は発生しています。
何故、太陽系の惑星同士がお互いにくっつこうとしないかというと、
太陽系で最も大きな質量を持つ太陽の引力に逆らえないからです。

宇宙の中ではブラックホールが非常に大きな質量を持っており、
それに伴う非常に大きな引力を持っています。
その引力では周囲の空間が大きく歪み、
光も真っ直ぐ進む事ができず、そのまま吸い込まれてしまいます。

ちなみに理論的には、
「質量が時空間を歪ませる事で重力が生じる」らしいです・・・。
私もよく分かりませんが、まぁそういう事なんでしょう(笑)



さて、このひみつ道具ですが、
空間を歪ませるほど質量の大きなもの(エネルギー)を瞬間的に出現させ、
その衝撃によって周囲のものを宇宙の彼方まで吹き飛ばします。

現代の人類の技術で最も強い威力がある爆弾は原子力爆弾ですが、
その原子力爆弾をもってしても空間を歪ませる事はほぼ不可能です。
衝撃波で周囲の大気を振動させる事はできますけどね。

あの太陽系で最も質量がある太陽でさえ、
周囲の空間が僅かに歪む程度(光が0.0005度曲がるだけ)です。
その事からもこの爆弾は、
とてつもない質量(エネルギー)を放出している事が分かります。

空間を歪ませるような爆発が起これば周囲のものが吹っ飛ぶどころか、
それこそ「地球破壊爆弾」のように、
地球自体が吹っ飛ぶのではないでしょうか(笑)



メリット
・とてつもない爆発の威力

デメリット
・強過ぎる爆発の威力
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 攻撃系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382618970

この記事へのトラックバック