日本標準カレンダー

日本中のカレンダーを好きなように変更する事ができます。

専用のシールに「○○の日」と書いて貼ると、
その瞬間からその日はその内容の祝日になります。 
 
 
例えば「全国民が自宅待機する日」と書けば、
その瞬間からその日は「全国民が自宅待機する日」になり、
全国民がそれに合わせた行動をしなければならなくなります。

そのように非常に大きな影響力があります。
まぁ祝日を作った瞬間からそれが全国民に知られますから、
あまり個人的な内容の日を作ると恥ずかしいだけですね(笑)



ただし、例え「全国民が消滅する日」や、
「日本列島が沈没する日」と書いても、
このひみつ道具には実際にその日にする力はありません。

もちろん一部の人は本当にそうなるかもしれないと考えて、
その日までに後悔がないように時間を過ごすかもしれませんが。

そういうめちゃくちゃな内容の日を作って、
実際にその内容が起こらないという事が分かれば、
多くの批判を受けてすぐに廃止されてしまうでしょう。

また、例え「休養の日」という日を作っても、
会社のルールに従わなければならない場合もありますし、
「○○さんが私の事を好きになる日」を作っても、
貴方の事が嫌いなら無理やり好きなる事はないと思います。

つまり全国民に影響する力があるだけで、
決して強制力がなく、自分の意志で行動できるのです。



メリット
・自由度は高く、影響力も強い

デメリット
・作った日の内容によっては日本が壊れかねない
・日の細かい設定ができるのかは不明
・日の内容は全国民にとっての周知の事実になる
(個人的な内容は作れない)
・影響力があるだけで強制力はない
・祝日は廃止される可能性もある
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 準最強・広範囲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/382043467

この記事へのトラックバック