時空間とりかえ機と空間入れかえ機

「時空間とりかえ機」は、
地面などを専用のチョークで囲んで機械を作動させると、
囲んだ中の空間を過去や未来の空間と入れ替える事ができます。

まずは「時空間とりかえ機」から説明します。 
 
 
例えば植えたばかりの小さな植物の周りにチョークで円を描くと、
未来の育った状態の木と入れ替える事ができます。
(もちろん過去の空間とも入れ替える事ができるので、
植えていない状態へ戻す事もできる)

繋がったチョークの一部を消せば元に戻りますが、
チョークの外へ出したものはそのままになりますので、
過去や未来のものを取り出す事ができます。

自分の周りをチョークで囲えば、
自分が過去や未来へ飛ぶ事ができ、
タイムマシンのような使い方ができます。

ただし空間ごと入れ替えるため、
入れ替える先のその地にいた過去や未来の人を、
現代へ連れてきてしまう可能性があります。

その人に何かあったり、
その人が何かを持ち帰ったりすると、
過去や未来が変わる可能性があるので、
現代へ来てしまった人を常に監視しておかなければなりません。



続いて「空間入れかえ機」。
名前が似ていてややこしいですが、別物のひみつ道具です。

こちらは地面をチョークで囲い、
機械の画面に表示されている地図で特定の場所を指定する事で、
チョークで囲った場所と地図で指定した場所を入れ替える事ができます。

例えば日本のとある大きい公園でチョークで大きめの輪を書き、
地図で海外の公園を指定すると、
チョークで囲った場所が海外の公園と入れ替わります。
(逆に海外の公園が日本の公園と入れ替わる)

繋がったチョークの一部を消せば元に戻りますが、
チョークの外へ出したものはそのままになりますので、
交換した先の地のものを取り出す事ができます。

また、自分の周りをチョークで囲えば、
違う地へ瞬間移動する事もできます。
(他国の場合、許可を得て入国しなければ不法滞在になる)

ただし、空間ごと入れ替えるため、
その時に海外の公園にいた人も飛ばされてきてしまいます。
向こうの人からすれば、
見ず知らずの土地に連れて来られ迷惑なだけですね(笑)



メリット
・過去や未来の世界に入って行動する事ができる(時空間とりかえ機)
・過去や未来にあるものを持ち帰る事ができる(時空間とりかえ機)
・瞬間移動する事ができる(空間入れかえ機)
・チョークで輪ができていればどんなに広い範囲でも使う事ができる

デメリット
・過去や未来の空間にあるものを現実世界で使用した場合、
過去や未来が改変される可能性がある(時空間とりかえ機)
・行き先の時代を調節できるかどうかは不明(時空間とりかえ機)
・行き先は地図でしか決める事ができず、細かくは決められない(空間入れかえ機)
・元の世界でチョークを消されると、
飛んだ先で再びチョークを使わなければ戻れなくなる
・チョークの輪は足、水、風などで簡単に消える
・入れ替える際にチョークの上にいた人や物がどうなるのかは不明
(空間ごと入れ替えるのでおそらく切断されるのでは・・・)
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 悪用・操作系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。