たつまきストロー

このストローを吹くと竜巻を作る事ができます。

吹く息の強さによって竜巻の大きさを調整する事ができ、
その竜巻に乗って人や物を運ぶ事ができるようです。 
 
 
ただ、小さな物を運ぶ程度の竜巻ならそこまで強くないですが、
人間が運べる程の竜巻となると、少なくとも風速が50m程度必要です。
乗る乗らない以前に実際は近づく事すらできないと思います(笑)

また、竜巻は「スーパーセル」と呼ばれる、
回転する巨大な積乱雲の下にできるので、
それによって大量の雨、雷、雹をもたらします。
竜巻ができている時点でその被害も大きいと思います。
(雲が地表に降りるのが竜巻、雲がないのは旋風)

更に竜巻は「EF(改良藤田スケール)」でその強さが分けられています。
EFは「EF0〜EF5」の6段階に分かれており、EF5が最も強い竜巻です。
EF5の竜巻が市街地で発生すると、街を丸ごと吹き飛ばす威力があります。

たつまきストローを全力で吹いた時、
もしEF5の巨大竜巻を起こせるとしたらとんでもない事。
一吹きで街一つ吹き飛ばせるのですから強力な兵器ですね。

ちなみに旋風を発生させる「つむじ風うちわ」という道具もあります。



メリット
・吹く息の強さで竜巻の大きさを調節できる
・吹き方によって人や物を運ぶ事もできる
・全力で吹けばとてつもない威力

デメリット
・竜巻が大き過ぎると自分も吹き飛ぶ
・それどころか周囲に甚大な被害が出る恐れがある
・地球環境も破壊する危険がある
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 攻撃系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック