驚時機(マッドウォッチ)

ストップウォッチのような形をしており、
これを使う事で様々な範囲や対象の「時間の流れ」を遅くしたり、
早くしたり、止めたりする事ができます。 
 
 
このひみつ道具の強さは、
時間の停止と停止した時間の解除はもちろん、時間を操作する範囲や対象、
更に時間を早める程度、遅くする程度などを自由に決められる事です。
これはタンマウォッチやウルトラストップウォッチの完全な上位互換です。

しかし、時間の操作ができるからといって、
何でもかんでもやりたい放題できる訳ではありません。

例えば相手の時間を遅くした時に相手を殴ると、
殴られた頬がゆっくりと波を打ち、
ゆっくりと頭や体が動いていき、
痛みもゆっくりと伝わり、傷がゆっくりとついて、
ゆっくりと血が出てくるでしょう。

何故なら相手は全ての時間が遅れているからです。
時間が遅れるという事はその場から移動するのもゆっくりになるので、
言わばゆっくりと動く重たい壁のようなものです。
その壁を全力で殴ってもただ自分の拳を痛めるだけです。

また、時間が停止している相手を殴って吹っ飛ばそうとしても、
相手の時間は停止しているため、その場から動かす事すらできません。

ですから時間を止めたり遅くしている間に、
異性にあんな事やこんな事を・・・
というような使い方も実はできないのです。
また、時間そのものを巻き戻すという事もできません。



ただ、時間を止めている間に加わった、
「感覚」や「力」は全てが蓄積されており、
時間の流れを元に戻せばそれが一気に伝わります。

ので、時間を止めている間に、
相手の頭の横から何回も一定方向に張り手で押しておくと、
時間の流れを戻した時にその力が全て伝わるので、
頭が一瞬で潰れてしまいます・・・。

これを利用すればどんな質量があるものでも移動させる事が可能になります。
隕石だろうが星だろうがなんだろうが動かす事ができます。

その他、基本的な使い方としては例えば、
「相手の時間を止めてその間に相手に力を加えておく」とか、
「相手から攻撃される瞬間に時間を止めて避ける」とか、
「自分の時間を早めて高速で動く」とか。

人間だけでなく特定の範囲や物に対しても時間を操作できるので、
「自分以外の時間を止めて物だけ時間の流れを戻して安全に盗む」とか、
「自分が投げた物の時間を早め、光速で相手にぶつける」とか。

このように使い方によっては色んな事ができます。



メリット
・時間を停止、停止した時間を解除できる
・時間の進みを早くしたり遅くしたりする事も可能
・時間を操作する対象や範囲も自由に設定できる
・使う自分は対象外なので、万が一操作をミスしても問題ない
・小さくて持ち運びが便利

デメリット
・電池切れ
・時間を巻き戻す事はできない
・人間の一部位だけ時間を操作できるのかは不明
・時間を操作する事ができる範囲がどこまでなのかは不明



尚、宇宙の時間も操作できるのかは不明です。
仮にできるとすると星の自転や公転の速度、
星の寿命まで変える事ができ、宇宙を手中に収める事になります。
posted by SaruyaMichael at 17:00 | TrackBack(0) | 悪用・操作系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381565271

この記事へのトラックバック